THE INFERNAL NOISE BRIGADE, the anarcho marching band that had performed in the midst of actions against G8 or WTO whenever they were held in a city, and gave the protesters courage and danceable impetus. Anarchist dj FILASTINE has been dropping sound bombs that smash borders and go beyond them. These two provided their music for NO G8 ACTION JAPAN, a network against this year's G8 held by lake Toya in Hokkaido. The compilation contains 11 unreleased songs from their early music career by the I.N.B and the latest mix by Filastine. Listening to this will certainly hype you up enough to get together with others and plunge into Hokkaido in July.

G8やWTOがどこかの都市で開催される度に、それに対する反対行動のまっただ中で演奏し、街頭の抗議者たちを踊らせ勇気づけてきたアナルコ・マーチング・バンドTHE INFERNAL NOISE BRIGADEと、国境をぶっ壊すための国境を越えたサウンド・トラックを世界各地にばらまき続けるアナキストDJ・FILASTINEが、今年北海道・洞爺湖で開催されるG8に反対するネットワーク「NO G8 ACTION JAPAN」のために音源を提供。THE I.N.B.は初期の未発表音源11曲、FILASTINEは最新MIXを。これ聴いてテンション上げて、7月は皆で北海道になだれ込もう。



THE INFERNAL NOISE BRIGADE:
Recorded live by Inphaseprod at Sand Point Naval Base, Seattle except * indicated.
Mixed by Inphaseprod at Belgrade and Seattle public libraries.
Production and mixing assistance from Mulata.

FILASTINE:
Mixed: in a desert near the usa/mexico frontier

Mastered by Daisuke Ishikawa

Total time: 71:02
THE INFERNAL NOISE BRIGADE

1. Hawtpantz
2. SloFish
3. Nanafushi
4. Kustina Oro
5. Praha
6. BrownSauce
7. Manguera (excerpt)
8. Series
9. L' Enticelle
10. Ja Helo (*Live)
11. L'Entincelle (*Live)
*from Maple Lane Prison
FILASTINE

1. La Pistola Mas Rapida




ORDER from OVERSEAS

1 copy: 1500yen
5 copies: 6000yen
10 copies: 10500yen
Prices will appear in YEN, but Paypal will show you the current exchange rate and the equivalent amount in your primary currency. When you pay, Paypal will handle the conversion for you.


ORDER from JAPAN

CD1枚:1500yen
CD5枚:6000yen
CD10枚:10500yen
PAYPALを使わないでのご注文は、IRREGULAR RHYTHM ASYLUMの新入荷ページからどうぞ。


THE INFERNAL NOISE BRIGADE:

The Infernal Noise Brigade was a Seattle, Washington-based musical group, who originally formed to participate in the protests at the WTO Meeting of 1999. Over its seven-year history, the group performed as part of several large-scale protest actions, such as those at the 2000 IMF/World Bank Meeting in Prague, the 2003 WTO Ministerial in Cancun, Mexico, the 2004 United States Republican Party National Convention in New York City, as well as at numerous events in their homebase of Seattle. In July 2005, they participated in the protests against the 31st G8 summit in Scotland as part of a European tour that also brought them to England, Germany, the Netherlands, Belgium, and Austria.

Their website describes their music as combining "elements of drumline, taiko, Mughal and North African rhythms, elements of Balkan fanfares, breakbeats, and just about anything else." Although best known for their free (and often confrontational) public performances at political protests, they sometimes performed at more conventional concerts and club gigs, usually featured as part of a musically eclectic program.

Christopher Frizzelle, in an "obituary" for the band in the Seattle-based arts weekly The Stranger, remarked that their "most important and dramatic public events were standoffs with cops" and that they "can be credited for keeping WTO protestors energized, focused, and photogenicノ What their parties and their protests had in common was intensity, vividness, and a fun, frightening sense that anything could happen. They were lessons in liberation."

Frizzelle, who travelled with INB on a portion of their European tour, wrote in his review of that tour that the members used "band names", partly to "retain the mystery of the band" and partly to preserve their anonymity from their employers: almost none of the band members are professional musicians. As example, Frizzelle provided the roster from the mainland portion of the European tour: "Annemat, Atomika, B. Q. (whose band name is Red Dot, but no one calls her that), Bluer Than You, Bookworm, Brassbelle, D. P. Punkass ("My whole name is Dread Pirate Punkass, but in print I like to be D. P. Punkass"), DK Pan, Flash, Grey Filastine, Hawtpantz, Ice Frog, In Phase, Megor, Mildred, Mr. Rose, the Professor, Ramon, Satsuma, Skunk, Spider, and Violet."

The Infernal Noise Brigade officially disbanded on July 29, 2006.

http://www.infernalnoise.org/
FILASTINE:

Filastine creates music and live sets that wreck genre, charting a new sonic map by synchronizing mutated hiphop, smashed-up beats, and international obscura. This year Filastine dropped Burn It on dj/Rupture's Soot Records. A pair of 12" vinyls on Soot and Shockout Records will be out in the fall, and a few scattered tracks can be found on compilations, in films, and a 7".

For the last two years Filastine has brought his soundclash to clubs, squats, festivals, and underground spaces across the globe, peforming with laptop, midi triggers, loudspeaker, and percussion mounted on a shopping cart, sometimes joined by a guest mc or vocalist.

Filastine began making music with the live ensemble ¡tchkung!, then founded the Infernal Noise Brigade, a 20-piece anarcho marching band. After much time spent in the Morocco, Filastine produced a record for a street band in Marrakech, Majmouat AbdelHakim, He continues to compose music for the butoh ensemble P.A.N., performing with them in Asia and North America. Sound is also a tool of action for Filastine. He conducts guerilla audio interventions and has been assaulted or arrested by police of many uniforms in the course of his work.

www.filastine.com

www.myspace.com/filastine filastine(at)postworldindustries.com







 

 









THE INFERNAL NOISE BRIGADE:

  The Infernal Noise Brigade (以下「I.N.B.」) は、シアトルのワシントンをホームグラウンドとする音楽集団で、1999年のWTO(世界貿易機構)会議に対する抗議行動に参加するため結成された。以来7年間にわたり、2000年にプラハで行われたIMF(国際通貨基金)/世界銀行の総会をはじめ、2003年メキシコのカンクンでのWTO会議、2004年ニューヨークでの合衆国共産党全国大会など、いくつもの大規模な抗議行動に参加してきた。その一方で、ホームグラウンドであるシアトルでの数多くのイベントにも参加してきた。2005年7月には、ヨーロッパ・ツアーの一環として、スコットランドでの第31回G8サミットに対する抗議行動に参加し、この際、イギリス、ドイツ、オランダ、ベルギー、オーストリアなどにも遠征した。

 I.N.B.のWEBサイトでは、その音楽を「ドラム・ラインやタイコ、ムガール地方や北アフリカのリズム、そして、バルカン半島の祝祭音楽やブレイクビートなど、そのほか何でもあり」の結合であると紹介している。I.N.B.は政治的な抗議行動(しばしば対面戦を含む)の際に行われる無料のパフォーマンスでよく知られているが、音楽祭やクラブのギグなどで演奏することもあり、そこでは混成的な音楽集団として登場する。  クリストファー・フリッツェルは、シアトルのアート系新聞「ザ・ストレンジャー」に掲載されたI.N.B.の「訃報」に次のように記している。「最も重要で、かつドラマティックな出来事は警官隊との攻防戦」であり、I.N.B.は「WTOに対する抗議者たちに活力と結集力を与え、写真映りを好くさせることに関しては、本当に頼れる存在だった。彼らのバーティーと抗議に共通するのは、情熱と刺激と楽しさ、そして「どんなことだって起こり得る」というゾクゾクする感覚であり、それは解放の教訓だった。」

 I.N.B.とヨーロッパツアーを共にしたフリッツェルは、ツアーのレビューのなかで「メンバーたちは変名を使っていた」と書いている。ひとつにはそれは「I.N.B.のミステリーを保つため」であり、またバンドのメンバーが雇用主に身元を知られないようにするためであった。バンドのメンバーに、プロのミュージシャンはほとんどいない。たとえばフリッツェルがヨーロッパ・ツアーを共にしたメンバーの名前は次のとおりである。アネマ、アトミカ、B.Q.(*バンドでの名はレッド・ドットだが彼女をそう呼ぶ者は誰もいない)、ブラー・ザン・ユー、ブック・ワーム、ブラスベル、D.P.プンカス(*フルネームは「ドレッド海賊プンカス」だが紙面ではD.P.プンカスと書いてほしいとのこと)、DKパン、フラッシュ、グレイ・フィラスティン、ホットパンツ、アイス・フロッグ、インフェーズ、メゴ、ミルドレッド、ミスター・ローズ、プロフェッサー、ラモーン、サツマ、スクンク、スパイダー、そしてバイオレットである。」

 I.N.B.は公式には2006年7月29日に解散したことになっている。

http://www.infernalnoise.org/
FILASTINE:

  フィラスティン はジャンルを超えた音楽とライブで、変異ヒップホップ、壊れたビートや国境を曖昧にする国際的な音をシンクロさせて新たな音の地図を作りあげる。フィラスティンは今年アルバム「Burn It」を dj/RuptureのSootレコーズから出した。12インチの組レコードは秋には出る予定。コンピレーションや映画や7インチにも今作のアルバムよりのトラックがいくつか含まれている。

 過去2年間に渡り、フィラスティンはそのぶつかり合う音の共鳴を世界中のクラブやスクワット、フェスティバルやアンダーグラウンドなスペースに持ち込み、ラップトップ、MIDIトリッガーや大音量スピーカー、ショッピングカートに乗ったパーカッションなどを使って演奏し、時にはゲストのMCやボーカリストとも共演した。

  フィラスティンは「¡tchkung!」というライブアンサンブルと共に音楽を作り始めた。そして20ピースのアナルコ・マーチング・バンドであるthe Infernal Noise Brigadeを創設した。長期に渡りモロッコで過ごした後に、マラケシュのストリートバンド「Majmouat AbdelHakim」のためにレコードをプロデュースした。舞踏集団P.A.Nのために作曲したり、アジアや北アフリカで彼らと共にパフォーマンスを行ったりもした。フィラスティンにとって音とは一つの行動の道具である。ゲリラ的な音による介入を行うために、作品を演奏中に警察によって暴行を受けたり逮捕されたりもしている。

www.filastine.com

www.myspace.com/filastine filastine(at)postworldindustries.com